MENU

最近よく聞く“格安SIM“とは?

格安SIMという言葉は、特にここ数年の間で耳にするようになりました。
ですが、格安SIMについてを知るにはまずSIMカードの存在を知る必要があります。
SIMカードとは、スマートフォンや携帯に差し込む小さなチップの事で、このSIMカードによって電話やメール、インターネットなどの通信ができるようになります。
そのSIMカードの中でも、携帯販売の大手キャリア以外の会社が提供するSIMカードは、大手キャリアよりも月々の携帯料金が格安になる事から、“格安SIM”という言葉が知られるようになりました。

 

使用者によって個人差はあるものの、大手キャリア会社の月々の携帯料金が平均7,000円ほどなのに対し、格安SIMは、データ通信のみですと3GB使って1,000円以内、電話込みでも2,000円前後と大変差があります。
同じSIMカードでここまで料金に差が出るのは、スマートフォンの普及により通信はLTEなどが盛んになり、今までいわゆる“ガラケー”が用いていた3G、4G回線などは利用者が減っていることが理由に挙げられます。
そのようなあまり使われないの回線を大手キャリア会社から借りる事で、格安SIMを提供しているのです。

 

過去の携帯で使っていた回線を利用してしまって通信速度は大丈夫なのかという心配もありますが、格安SIMを提供している会社のホームページなどでは、回線の通信速度が明記されています。
格安SIMを利用した月々の携帯料金は、その月に使ったデータ通信料で決まります。
会社によってその基準は様々ですが、月々の通信料が変わると自動的に料金が変動するプランや、1GB、3GB、5GB、10GB……と、月々であらかじめ通信料が決められている使い放題の料金プランなど、カスタマイズ性のあるさまざまなプランがあります。
電話を多く利用される方のために、通話に特化したプランも存在します。

 

大手キャリア会社から格安SIM会社に乗り換える方法は大きく二つあり、一つは電話番号を引き継がずに新たに契約する方法と、現在使用している電話番号をそのまま引き継ぎ契約するMNPという方法があります。