MENU

スマホの通信量が高いと思ったら格安SIMを選ぼう!

格安SIMとは、NTTドコモやKDDIから通話・通信回線を借りて事業を展開する事業者(MVNO)が提供する、SIMカードを使ったインターネットや通話サービスを指します。
格安SIMを展開する事業者は、インターネットのプロバイダーから大手家電量販店、大手ECサイトまで、多様な業種が進出し、年々その数を増やすとともに、ユーザー数も伸ばしています。

 

最大のメリットは、既存の携帯電話キャリアよりもスマートフォン(スマホ)の利用料が大幅に安いことです。
一般的に携帯電話キャリアだと基本料金と国内通話定額料金、データ使用量(2GB)、さらにインターネット接続料の合計として月額約7000円かかります。
一方、格安SIMであれば、通話基本料金とデータ通信量(2GB)を足しても月額1600円前後で済ませることができます。
この差は約5400円で、年額にすると計6万4800円の差となります。
通話やインターネットのつながりやすさに関しても、NTTドコモやKDDIから回線を借りていることもあって、品質に差はほとんど見られません。
携帯電話キャリアではよく見られる「2年縛り」や「契約の自動更新」もありません。

 

このように、価格面では格安SIMに軍配が上がりますが、デメリットも存在します。
それは、サポート体制が整っていないという点です。
多くのMVNO事業者は実店舗を持たないため、サポートは電話やメールが中心となります。
今までは機種が故障してもキャリアが提供する保証サービスに入っていれば修理が無料、または割安で受けられましたが、一般的な格安SIMではこれらの保証サービスが無いため、修理によりお金がかかるでしょう。
また、今まで愛用していたキャリアのメールアドレスが使えなくなりますから、フリーアドレスなどの取得や周囲への周知など、手間もかかります。

 

携帯電話キャリアから格安SIMに移行する場合、特定の月以外で解約すると解除料金が発生し(約1万円)、MNP(ナンバーポータビリティー)の転出手数料として約2000円がかかります。
それに加えて格安SIMの登録料が約3000円かかります。
これらのメリット、デメリットを理解した上で格安SIMは利用しましょう。