MENU

契約者のメリットになることが多い、格安SIMの会社での契約

SIMというのは、スマートフォンなどの中に入れる小さなICチップのことで、これを入れることにより、設定された電話番号を通してスマートフォンやタブレットの利用ができるようになります。
格安SIMとは、その発行元がNTTドコモやソフトバンクなどの大手キャリアとされる携帯電話会社ではなく、その大手から回線を借りて、利用者にサービスを提供している会社が発行しているSIMのことです。

 

そのSIMが格安SIMと呼ばれている理由は、利用料金が大手のキャリアと比べて安いからです。例えば、大手のキャリアでのスマートフォンの利用額が月8000円ぐらいの人が格安SIMの会社に変えると、月額が2000円ぐらいになる場合があります。
これは、大手キャリアが利用拡大のためにスマートフォンなどの本体代金を安くして月の利用料のを上げているのに対し、格安SIMの会社は基本的に通信のみのサービスに特化しているからです。
ですので、既にスマートフォンやタブレットを持っている人が格安SIMに切り替えると、大幅に利用代金を下げることができるのです。
また、格安SIMには大手キャリアにはないメリットが他にもあります。

 

まず、大手のキャリアでの契約では1年や2年などの期間、そのキャリアとの契約を継続しなくてはいけない契約内容となっている場合がほとんどで、どうしてもその期間中に解約する場合には高額の違約金が必要になります。
しかし、格安SIMの会社では月単位の契約でよいところが多く、その場合には利用期間の縛りがありませんので、もっとお得なキャリアを見つけた場合などにはすぐ契約を移動させることができます。
また、格安SIMの会社では会社によって違いはありますが、使えるスマートフォンやタブレットの幅が多く、自分の気に入った端末が使える場合が多いのも利用者にとってのメリットです。

 

このように格安SIMの会社との契約は契約者にとって大きなメリットとなる場合が多く、大手キャリアからの移動をする人が増えてきているのです。